至素根譚 (しすこんたん/syscontan)

人変われば品変わる

 本来なら「所変われば品変わる」である。
 ちょっと「ビール談義」をしよう。
どの銘柄を選択するか?大の男が居酒屋で「超」真面目に考えている。
そして「アサヒ」だの「キリン」「サッポロ」「サントリー」の「何々」と店員に告げている。
 その時の「決定プロセス」を分析してみよう。
まず同席した人々の会社に関連する「メーカー」はどれか?
系列会社の人々のほとんどが、忠実なまでに売上げに貢献する注文を行っている。
自分の好みではない。
恵比寿駅近辺の飲み屋には「サッポロ」以外のビールはなかったとか?
真実かどうかは定かではない。
恵比寿には「サッポロ」のビール工場がある。
それ程までに「会社に忠誠的人々が多い」ということか。
後は「辛い」とか「喉越しがどうのこうの」にわか評論家が解説し、特に反論がなければ決定する。
 ところが二人で飲む時は、自分が飲んでいる「いつもの銘柄」にする。
自宅で飲む「ビール」は「瓶」ではなく「缶」を選ぶ。hitokawaru.gif
 では、夏の暑い日、ハンカチで汗を拭うサラリーマンが左手に上着を持ち、右手に小銭を握り締め酒屋に駆け込んだ時、どのように「ビール」を選ぶだろうか?
今まで述べたプロセスで決定されるだろうか?
間違いなく、
「冷たいビールをください!」
冷えていなければ話にならない。
「銘柄」はどうでもいい。
同じ中身のビールなのに「状況」によって求められるビールが異なってくる。
「当たり前ではないか!」
ほとんどの「SE」はこういうに違いない。
じゃ~言いましょう!
 あなたが作ったシステムの「メニュー構成」「使用方法」は「ビールの選択」に似た姿になっていますか?
「どのような人がどんな状況でディスプレイに向かっているのか」を考えていますか?
何故そう言うのか?
どれもこれも「メニュー」が「ワンパターン」なのである。
「初級者」「熟練者」「業務担当者」「システム管理者」とでは「メニュー」は当然異なる。
システムの世界では「所変われば品変わる」ではなく「人変われば品変わる」である。
少なくとも二種類のタイプのメニューを用意したい。
「フルコースメニュー形式」と「バイキング形式」である。
「フルコースメニュー形式」は「前菜」から始まり「デザート」で終わる。
「一つの処理」が終了すると「次の処理」へと自動的に示されるスタイルである。
このスタイルでは「処理が抜ける」ことがなく「初心者」「業務担当者」に向いている。
慣れてくると「分かり切ったメッセージ」「回りクドイ処理」は我慢できなくなる。
「処理したい物」だけ選びたくなる。
これが「バイキング形式」である。
「熟練者」「システム管理者」に向いている。
同じ処理でも「選択方法のバリエーション」がシステム評価を大きく「左右」する。
番号順/五十音順/部署順/顧客順/担当者順/…
「ユーザーはどうやってこの『画面』に辿り着くのだろうか?」
と考えることがとても重要である。
「データの表示」「変更画面」のみに注力している「SE」がとても多い。
作成者側の論理だけで構築している。

かゆい所に手が届くメニューは「ビールの選択方法」と同じである。