至素根譚 (しすこんたん/syscontan)

優良ドライバー

 先日、自動車免許証の更新をした。
今回は警察署での「簡素な講習」で済んだ。
ちなみに「ウチのカミサン」は毎回「簡素な講習」であり、ずう~っと「無事故・無違反」である。
「それはスゴイ!」とお思いにならないでいただきたい。
彼女は外出する時いつも「亭主」という名の「お抱え運転手付」である。license.gif
「優良ドライバー」の多くは「運転をしていない」のではないだろうか?
表面上は本当の「優良ドライバー」と区別が付かない。
野球界では、打率が3割以上だと言っても「規定打数」を満たさなければ認められない。
当然「十打数四安打の四割」は「百打数三十安打」にはかなわない。
 ところが、我々の世界になると大きく歪んでくる。
「仕事が出来るSE」は、多くの「顧客」「仕事量」と「難易度の高いシステム」に挑戦している。
したがって「トラブる回数」は増すと同時に周囲への影響も大きい。
現実的に「優良ドライバー」であり続けることは「不可能」である。
「どうしてミスを犯したんだ!」
分かっていたら犯すはずがない。
ほとんどの原因は「思い違い」か「分からなかった」である。
原因究明のプロ達が「もっともらしい原因」をレポートしても「事の真相」は単純である。
結論はいつも「起きる前に何故対処していなかったのか…」
評価は「×・×・×」
「あ~あ、やってられない!」
 筆者は開発スタッフにこう言っていた。
「トラブルは『勲章』だ!」
「起きた事だけでは『評価』は下げない!」
「しかし、その報告が遅れたら、ただでは済まさないぞ」
「『ぼや』で済むものを『大火』にすれば『評価』は×・×・×だ!」
「ヘルプは早めに!」
「飲み代の精算は遅めに!」
スタッフからは「変人」と言われた。
「平穏無事」にシステム構築が終了して誉められることは、当人達が何らかの演出をしない限り、ありえない。
「たいしたシステムではない」と思われるのがほとんどである。
他人にはシステムの難易度は分からない。
逆に「己のシステム」は一番難しいと考えている。
「優秀なプログラマ」は月に何本も作成する。
「不出来プログラマ」は、せいぜい月に一本しか作成できない。
「不出来な人」は残業が多い為、給与が「何万円」も多い。
これが「現実」である。
「挑戦」に対する評価はあくまで「結果」から判断される為、並みの仕事で「トラブル無」の方が「評価」が高くなる。
米を作ったことのない「お代官」が「百姓」の質を評価できるはずがない。
人は自分より能力のある人を評価できない(人事の格言)
したがって「収穫高」「トラブルの回数」によって「評価」されることが多い。
「トラブル」はオープンになると実際の数十倍に伝達されることを忘れてはならない。

実は「オープンになる」と「トラブル」と言われるのである。