至素根譚 (しすこんたん/syscontan)

次の受注

 いつもの定例会議で甲高い声が聞こえてくる。
上司が部下に「檄」を飛ばしている。
「君らは何を考えてやっているんだ!」
「『受注』が全然取れていないではないか!」
「もっともっとやる気を出してガンバらなきゃ!」
「俺が若かった時はこんなもんじゃなかったぞ!」
最後にいつもの「自慢話」。
そして、トドメの一発。
「カビ」が生えそうな?「大昔の手法」を「抽象的」に説明する。
具体例がなく限りなく「精神論」である。
「いいか!仕事はこうやってやるんだ!」
「テンション」が高いのは「本人」だけ。
部下達は、ひたすら「前方下45度」の一点だけを見つめている。
早く終わらないかな…と思いきや
「A君、あの件はどうなっているんだ?」(上司)
「ヤバイ!どうしよう?」(A君)
「あの~お客さんが…あの~…」(A君)
「ダメじゃないか!早め、早めに次を考えて行動しなきゃ!」(上司)
「は、ハイ~」(A君)
儀式化された会議がもう何年も続いている。
夜は夜で飲めば飲むほどに
「自分の前任者がなっていないよ!」
と公然と批判。
一方、トップに対する説明時には
「部下にロクなヤツがいなくて…」
「私も本当に大変なんですから…」
出るのは毎度お馴染みの「愚痴」。
うまくいっていないのは「前任者」「部下」の責任と大声で主張する。
「最悪の環境で頑張っている自分を評価してくれ!」と力説。
 数ヶ月後、いつもの会議でA君が上司に報告している。
めずらしくテンションが高い。
「1年前から工作していた○Z社がここ半年以内に『受注』できそうです」(A君)

tsugiwa.gif

「予算取りの準備に入りそうです!」(A君)
「開発要員の手配をよろしくお願いします!」(A君)
ところが、反応が今一つ。
いつもの「歯切れのいい口調」はどこへやら
「あのな、想像で物を決めつけてはイケナイよ」(上司)
「まだハッキリと決まっていないんだから」(上司)
「『確定』になったら考えるよ」(上司)
「まだ早いよ!」(上司)
 さらに数ヶ月後、いつもの会議が開かれる。
前よりテンションが高いA君。
気持ちの高ぶりは誰がみても分かる
「○Z社は『受注確定』です」(A君)
「『明日にも契約書と作業スケジュールを持って来い!』と言っています」(A君)
「いつからやれそうですか?」(A君)
「誰がやってくれるのですか?」(A君)
「急に言われても…すぐには人が出ないよ…」(上司)
以前よりさらに「歯切れ」が悪くなる。
「前から『受注できる』と言っていたではないですか!」(A君)
声を荒げ出した。
「『何もしない』とは言っていないぞ!」(上司)
「そう怒るな!」(上司)
         …沈黙…
「あ~、お前がやったらいい」(上司)
「お前が一番よく知っているじゃないか」(上司)
「そういえば、お前は昔『SE』だったじゃないか」(上司)
「お前は今日から『SE』だ!」(上司)
「『発令』を出すから承知しておけ!」(上司)
「はあ~?」(A君)
「しようがない…」(A君/心の叫びi)
 自分が取ってきたのだから「やるっきゃないか!」と腹をくくる。
未経験のスタッフと「プロジェクト」を立上げ、2年後やっとのことで納品にこぎつける。
 納品後、上司に「完了報告」をすると、
「オイ!今期の『売上目標』は達成できるのか?」(上司)
「次の『受注』はどうなっているんだ?」(上司)
「お前『営業』だろうが!」(上司)

「はあ~?」(A君)