至素根譚 (しすこんたん/syscontan)

適性

 ウォルトディズニーは「漫画」を書かなかった。
別に「漫画家」がいた。
しかし「ウォルトディズニー」の名前だけが残っている。
「ミッキーマウス」「ドナルドダック」等のキャラクターは彼の「発想」である。
それを「漫画家」が見える「キャラクター」にした。
それぞれの「性格」も「ウォルトディズニー」が決めた。
 ある時「漫画家」が「コンビ」を解消して独自でビジネスをはじめた。
「キャラクター」も自分のオリジナルで勝負した。
結果は大失敗!
「漫画家」は「ウォルトディズニー」の元へ戻ってきた。

 清水の「次郎長」には「大政」「小政」等、多くの「子分」が仕えていた。
次郎長は「大政」「小政」の能力にはかなわないと思っていた。
彼らも「次郎長」より優秀であると思っていた。
しかし、自分達は「親分の器」でない事を知っていた。
「リーダー」は「何をやる」かを明確に決め、その方向性を周りに指し示さなければならない。
それを受けて「行動計画」「具体策」を立案するのはその「部下の役目」である。
 「サブリーダー」の時と「やっている事」を変えない「リーダー」がいる。
パソコンに向かって四六時中「報告書」を作り続けている。
忙しい部下をつかまえて自分が納得するまで説明させ「自分語」で書き連ねている。
これじゃ「メッセンジャーボーイ」である。
報告会では「業務の全てを把握して指示している」がごとく「完璧な説明」。
「俳優の名演技」そのものである。

tekisei.gif

この「報告作業」は当人にとって「仕事の全て」なのだ。
聞き手は「彼はとてもよくやっているじゃないか」だって…
この報告会の為に部下が「狂気的」「犠牲的重労働」を強いられていることを周囲は知っている。
そして、重要な案件には「判断」「決断」が出来ない。
だから、部下を呼びつけてこう言う。
「この案件、君はどう思うかね?」(あえて聞くような態度)
「ん~いいんじゃないか」(熟慮したような態度)
本当のところ、何も分かっていない!
「進捗管理」を唯一の仕事と思っている「リーダー」がいる。
「前回の報告書」と「今回の報告書」の矛盾を突く事しか出来ない。
「前回の報告書」がないと何もできない。
以前よりさらに「トラブル」が増えるのは何とも「皮肉」!

 最近「良い子」が多過ぎる。
「トップ」からの指示には常に「イエス」。決して反論しない。
小心者の「トップ」は「異論」「反論」を嫌がる。
「異論」「反論」は自分への「批判」と受け取る。
したがって、周りは「良い子」ばかり…
「持論」がなければ「イエス」の返答も「苦」にならない。
「トップ」の意見が変わると、即座に「発言」を大転換!
「トップ」が「イエス」と言ったら「イエス」
「トップ」が「ノー」と言ったら「ノー」
「持論がない」のが本人の「哲学」か?
こんな「御仁」は「信用」できない。
周囲はとっくに見抜いている。
「発言」がいつ変わるか…
いつ背中に「銃弾」が撃たれるやら…
したがって、部下は「臆病」になる。
「笛を吹いても踊る」はずがない。
さらに「リーダー」には「人徳」が求められる。
「持論」「哲学」「人徳」がなくても「サブリーダー」はつとまるかもしれない。
しかし「リーダー」としては「最悪」である。部下を「不幸」にする。
「リーダー」自身が自分の組織の「作業効率」を著しくダウンさせている。
普通の「リーダー」に代わるだけで「生産性」が何倍もアップするのに…
「スーパーサブ」はあくまで「サブ」として優秀なのであって、決して「リーダー」にしてはいけない。
どうしようもない「リーダー」の存在は「当人」「一部の人」を除いて周知の事実になっている。