至素根譚 (しすこんたん/syscontan)

ちょっと

 「あの~ちょっと?」
「多くの物語」はこの言葉から始まる。
これを「無視」してもくもくと仕事をし続ける変人もいるが、ほとんどの人はこの声に振り向く。
いままで「ちょっと」で終わった「ためし」がない。
面倒くさいので「分かりません」と即答しようものなら
「冷てえな~!」(質問者)
「簡単でいいんだよ。簡単で…」(質問者)
「これくらい調べてくれたっていいじゃないか!」(質問者)
と悪人呼ばわりされる。
「何をもって簡単なんだよ!」
「簡単だったら他の人に聞けよ!」(筆者/心の叫び)
相手の「大変さ」はどうでもいいのだ。
本当に「チョット」の時は「目的」「依頼事項」を真っ先に言って来る。
そして、回答を求める。
ほとんどの「ちょっと」は「目的」「依頼事項」を相手に言わせる。
「要するに、何が聞きたいのよ?」(筆者)
「こう言う事?」(筆者)
「…はい」(質問者)
「あの~あの~」(質問者)
「ハッキリと物を言わないと分からないじゃないか!」(筆者)
自分の回答内容に責任を持ちたいので「裏付け」を取る。
「知らない」「分からない」はできる限り言いたくないのでまた調べる。
これで半日費やされることは「ザラ」である。
聞いた人はしっかり「賢く」なって帰っていく。
そして「質問に答えるのが当り前だ」という態度。
モシモシ?「ありがとう」の一言ぐらいあってもいいんじゃないの?
感謝の言葉が言える人は問題を整理して持ってくる。
「ちょっと」と似た語句に、
「八島君!今、イ~イ?」
「三分で終るから会議室へ来てよ!」(依頼者)
「机の上を見れば、イ~イかどうか分かるだろうが!」(筆者/心の叫び)
「三分」で終わる「保証」はまったくない。
「三分」にはまったく「意味」がない。
筆者は会議室で何が行われているのかまだ知らされていない。
自分の仕事は「フリーズ」机上のディスプレイは「入力待ち」。
そして、会議中にまたまた「ちょっと」が…
今度は役員秘書から電話が入る。
「ちょっと役員室まで来てください」
一時間近く某案件に対しての「コメント」を求められる。
「分かった。もういいよ」(役員)
この言葉でまた会議室に戻り「大激論!」
いつの間にやら筆者が会議を仕切り出す。
気が付くともう午後十時。
「もう帰ろうよ」(出席者の一人)
この言葉でやっと閉会。
 ようやく自席に戻ると、部屋は自席の上の蛍光灯を除いて真っ暗。
ディスプレイの画面が昼間より鮮明に映っている。
「全員帰りますので後はよろしくお願いします」とメモ書きが…
「今日は何を仕事したのだろう?」と自問自答。
予定は「ムチャクチャ!」
明日の打ち合わせはどうしようかな?
打合せ資料も出来ていないし…
 周囲には「根拠のない発言」が多く存在する。
「トラブル」を起こして困っていると、
「大丈夫だよ!なんとかなるよ!」
「なんとかなる訳がネエだろうが!」(筆者/心の叫び)

chotto.gif

「プログラムリスト」をじ~っと見ながら「ロジック」を考えていると、
「簡単だよ!」
「一晩寝るとすぐひらめくよ!」
「それより早く一緒に帰ろうよ!」
「飲みに行こう」と同意語である。
「簡単だったら苦労しないよ!」(筆者/心の叫び)
「難しい案件」を持ってきて、
「君なら出来るよ!」
「冗談じゃない!どんな仕事をしてきたかも知らないくせに!」(筆者/心の叫び)
 疲れきって「椅子の背もたれ」を倒して「ぼお~っ」としていると、会議室に連れ出した人物が帰り支度を終えてやって来た。

「八島君!『ちょっと』行かない?」
右手は「グラス」を軽く持つ仕草をしている。