至素根譚 (しすこんたん/syscontan)

パソコン不信

 何でもすぐに「印刷」するAさんがいる。
その為「インク」はすぐになくなる。
口癖は「万が一」。
インターネットの表示内容は当たり前、受信メールも印刷する。
メールは時系列に綴っている。同時にフロッピーにも書込んでいる。
しかも送信者別にフロッピーを分けている。受信フォルダを分ければ容易なのだが。
「一括してバックアップを取ったら」のアドバイスにも聞く耳を持たない。
このままだとフロッピーが増え、保管が大変になるのは明らかなので、「USBメモリ」をプレゼントした。
「何百枚のフロッピーと同じですから」の説明を受けたにも関わらず、「USBメモリ」「フロッピー」双方に書込みだした。
結局「印刷」「フロッピー」「USBメモリ」の3本立てになってしまった。
しかしこの作業を結構楽しんでいるようにも見える。

 数ヶ月後、フロッピーの書込はなくなったが「印刷」「USBメモリ」は残っている。
このやりとりを当初から見ていたBさん、皮肉まじりに「何が心配なんですか?」と一言。
これに対してAさん「万が一の時困るから」
ここ迄来るとつける薬はない。

 数日後、Bさんから『緊急呼出』を受けた。
パソコンでCDが読めないとのこと。
見ると、読取装置がハードエラーを起こしていた。
Bさんの机にはDVD・CD・MO・FDがたくさん積まれている。
それで、「外付ハードディスク」をプレゼントした。
「データを切替えた方がいいですヨ」とアドバイスした。
数ヶ月後、様子を見に行くと以前と何も変わっていない。
「どうなりましたか?」の質問に

「まだ今の媒体の方が安心だから」「万が一の時困るから」

 2人の根底には『パソコン不信』がある。
逆に「紙」に対する絶対的な信頼感。
そもそもパソコンの使用目的には『ペーパーレス化』『省スペース化』があるはずなのに本音・現実はそうではなさそうだ。

 パソコン習得度が「割切り」を後押しするに違いない。